"marie" Lyrics

Aimer Lyrics


"marie"

毎夜 深紅の宴 泡沫に抱かれて
14の時にすぐに 迷子のまま

覚えのない言葉と偽りの首飾りすら
壁の画の誰かの悲しみを語り出す

奪われることを恐れて
与えられることを忘れて
終わりを告げていく美しい日々
10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie

毎夜 指輪(リング)の森で あの風に吹かれて
12の唄 紡いで 夢見ていた

縋る様に抱き合う 平然と狼狽ですら
壁の画のいつかの輝きを語り出す

麗しき天で結ばれ
この地上で引き裂かれて
光を消していく 愛おしい日々
飾られた椅子に腰掛け 振り払うその腕に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie

繋ぐために捨ててきた 境界を越えて
脱ぎ捨て去った白いドレスは 今も泣いてるの?

奪われることを恐れて
与えられること忘れて
終わりを告げていく美しい日々
10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie

logo     A     Aimer Lyrics
Album "Haruhayuku Marie" (2020)
 

 
Aimer lyrics are property and copyright of their owners. "marie" lyrics provided for educational purposes and personal use only.